妹でもわかるUnrealEngine4

毎日更新? 妹に説明するために書いてるけど、たまにわかってない場合もあるUnrealEngine4を中心としたゲーム制作の話。略すとイモリアル

毎日更新? 妹に説明するために書いてるけど、たまにわかってない場合もあるUnrealEngine4を中心としたゲーム制作の話。略すとイモリアル

Robo Recallをやって遊んでいた

www.youtube.com

「せっかくなのでVRで遊んでた。Robo Recallという、UE4製のゲーム」

妹「わたしはまだやってないんだけど……」

「いや先に安全かどうか確認してからじゃないと」

妹「安全だったの?」

「まあまあ危ないかも。敵が襲ってくるとひょいって避けたくなる」

妹「襲ってくるゲームなの?」

「うーん、英語だしストーリー的なことはわかんないんだけど、各種ロボが襲ってきて、あとこっちもロボなんじゃないかな。手とか見たかんじ。まず操作チュートリアルがあって、それからアクションステージが始まって、終わったら得点の世界ランキングが出る」

妹「何位だったの?」

「たしか80000位ぐらいだったかなあ」

妹「それどれぐらい売れてるやつなの?」

「それは知らない……」

「やっぱり興味深いのは操作方法で、移動は全部ワープ。スティックと腕の振りで移動先と向きを決めて、決めたらワープ。途中も全く描写しない。ホワイトアウトして、ホワイトインする」

妹「それは何か意味あるの?」

「ある。3Dゲームだと歩いて画面がスクロールするのって普通だけど、VRでそれやると高確率で酔う。っていうかそのへんの設計がアレで、実際に酔っちゃうゲームもあった。兄は3Dゲームはだいたい平気で、バスで本読んでたら酔うことがある程度だけど、結構気持ち悪くなった」

妹「それは困りますな」

「自分で作る場合を考えると、ある程度ちゃんと酔うというのは良い傾向なんだけどね。でもスクロールが出来ないとなると、じゃあどうやって移動したらいいんだという話になる。Google Earthではスクロール中は視界を狭くするという処理をやってる。Robo Recallでは瞬間移動することで解決してる」

妹「あ、でも少しは歩けるよね。範囲内で」

「ルームスケールというやつね。その分は歩ける。それはそれで、自分が歩いてるのに視界がそういうふうに動かないと逆に酔うんだよ。自分の感覚と視界のズレの問題らしい。敵弾や体当たりは、小刻みなステップでかわすことが出来る。その時にどっかぶつけないように注意しないと」

妹「でも弾を避けるとか、そんなニュータイプじゃないんだから……」

「いやなんか敵の弾はすごく遅いから、避けたり、なんなら弾つかんで投げ返したりできる。こっちの弾は速いけど。兄が急に覚醒したとかでなく、そういう演出だと思うけど」

妹「敵は普通に動いてるんだよね? 弾だけ遅いって、それって変じゃないのかな?」

「最初はなんだこの弾と思ったけど、意外と変には感じないんだよ。弾1つなら余裕で処理できちゃうけど、実際は3つ4つと飛んできて、そうこうしてる間に敵のキモイロボが突っ込んできて、とにかく忙しいから。あれで普通の速度で弾撃たれると、ちょっと勝負にならない感じもある」

妹「そういうものなのかなあ、シューティングあんまりやったことないから、やってみないとよくわからん」

「ただちょっと困ったのが、兄の体型だと体を横に向けるとかなり当たり判定小さくなるはずなんだけど、あんまりそのへんは考慮してないみたい。体型というか、そもそも向き自体が関係ないような? UE4だから、よく考えたらカプセルコリジョン使ってそうな」

妹「カプセルコリジョンだったら横向いても全然助からないね……」

Google BlockとOculus Mediumを動かしてみる

妹「動くようになった? じゃあそろそろやらせるのだ」

f:id:una_unagi:20170719230906p:plain

妹「おお……バーチャルですな……」

「どう?」

妹「3DSよりはだいぶ立体的な。でもちょっと解像度? が低いような? 目のやつの付け方が悪いのかな」

「ある程度は調節出来るけど、それはそんなものかも。液晶の解像度自体は普通のディスプレイと同じぐらいのはずだけど、それを両目それぞれに半分ずつ割り当ててるから、解像度も半分になる。あとは画面が大きく見える分粗くなってる」

妹「うーん、たしかにおっきいねえ。うーん、でもこの状態で動くと大惨事が起きそうで心配だ」

「一応最初に範囲設定はしてあるから、特に境界面のあたりで派手に動かなければ大丈夫だけど、ケーブルがつながってるから360度ターンはしない方がいいかも」

妹「とりあえず何チュートリアルはできたから、何か面白げなものを」

「じゃあとりあえずGoogle Blocksから」

妹「兄がやりたいっていってたやつかな?」

www.youtube.com

妹「なるほど……なるほど……積み木的な感じかな。手元に出てくるのはすごいけど、もうちょっと機能が欲しいかも」

「まだ出来たてだからね。もうちょっと操作とか改良出来そうな気が。Oculus Mediumの方が自由な形は作りやすそう。こっちもまだ使いこなせてはないんだけど」

www.youtube.com

妹「これも手元にぶわっと出るけど、こっちのほうがきめ細かいね」

Google Blocksは初心者が適当に触っても大丈夫なように、意図してローポリゴンにしてる感じ。Mediumの方はボクセルベースのスカルプトソフトだから、ある程度細かい細工が出来るようになってる」

妹「こっちの方がわたし向きかも。でもそろそろ疲れたから休憩。汗びっしょりになってきた」

「なんかそうなるんだよ。ヘッドセット自体も結構熱持ってるもんだから、だいぶ暑苦しいことに。立ったままだしね」

妹「これ立ってないと駄目なの?」

「物によるんだけどね。今日やったモデリングツール2つに関しては、わりと座っててもいける。自分が動かなくても物体の方を動かせるから。左右をキョロキョロ見渡すやつとかは、座った状態でやるとかえって首痛くなりそうなことが。あとその手にもつOculusTouchじゃなくて、XBOX ONEコントローラーで動かすやつもあって、それはわりと座って動かせる感じのが多い」

妹「じゃあ今日は座っててもよかったのでは……」

Oculus Riftのセットアップ続き。Facebookと連携をしてしまっても、その場で解除してはいけない

f:id:una_unagi:20170718232239p:plain

「ソフトがダウンロード出来て設定が進むんだけど、そこでFacebookと連携をしましょうみたいな画面で、うっかりOKしちゃったんだよね」

妹「Facebookなんかやってたの?」

「やってるような、やってないような。たまに必要になる時があるから作ってはあるんだけど、まだなんとも使いみちの決まってないというか、よくわからんやつ。なのでとりあえず連携は解除しとこうと思って、Oculusのサイトにいって解除した。インストール中に

妹「それが……よくなかったの?」

「たぶんよくなかったんだろうねえ。その後インストールを続けて、プロフィール画像の設定をした後強制終了してウィンドウが消えちゃって、何回起動してもその状態。再インストールしても同じ。最終的にアンインストール後に残ったデータファイルを消して、それからインストールし直したらなんとかなった。でもすごく大変だから、連携してしまっても、とりあえずインストールは終わらせた方が良さそう。あとで解除して大丈夫なのかはわからないけど」

妹「なんという悲惨な。わたしも連携するって押したらそうなるのかな?」

「さすがにFacebookやってなければ大丈夫だよ。いつも使ってるブラウザでFacebookにログインした状態でなければ、ログインするか登録してくださいって画面が出るはずだから。適当にほいほいOK押したのが良くなかった」


f:id:una_unagi:20170718232225p:plain
f:id:una_unagi:20170718232255p:plain

「あと本名を表示しますかとか、デフォルトだと丸出しになるから変えた方が」

妹「なぜバーチャルリアリティなのにそんなリアルな情報が必要になってるんだ……」

「Oculusのアプリ内でのコミュニケーション用かなあ。こっちは適当に終わらせてバババっと遊びたいわけで、何らかの文化の違いを感じる」

f:id:una_unagi:20170718233003p:plain

「決済情報とかも後でいいので、スキップできるやつはスキップする」

f:id:una_unagi:20170718233041p:plain

「ちょっと困ったのがこれ。センチメートル表示に切り替えるのはいいとして、どうもここに身長を入れてはいけない気がする。後でプレイした時に足元に手が届かないというアクシデントが起きた。センサーの高さ=目の高さだから、身長より10cm以上は低くなると思う。一応このへんは後で再設定も出来る」

f:id:una_unagi:20170718233648p:plain

「そんなこんなでようやくVRになった」