読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妹でもわかるUnrealEngine4

毎日更新? 妹に説明するために書いてるけど、たまにわかってない場合もあるUnrealEngine4を中心としたゲーム制作の話。略すとイモリアル

毎日更新? 妹に説明するために書いてるけど、たまにわかってない場合もあるUnrealEngine4を中心としたゲーム制作の話。略すとイモリアル

マテリアル属性:ユーザーインターフェース

マテリアル 2Dゲーム UE4.10 UE4.11 UE4.12

imoue.hatenablog.com

「昨日発見した、マテリアル属性をユーザーインターフェースに設定する方法だけど、追加調査でだいたいの仕様がわかってきた。まず4.10の時点でこの設定自体はあった。あとライトが当たったら色はどうなるんだろ? という疑問については、こうなることが確認できた」

f:id:una_unagi:20160604222823p:plain

「これはContentExamplesに紛れ込ませた状態だけど、ライトを有効にすると透明になって全く見えなくなる。左側はPaper2Dだから、ライトによって色合いは多少変わるけどその場に見えてる」

妹「あれ? でもわたしのアクションゲームでは、別にライティング有りにしても大丈夫だったけど」

「それは多分エディタ上だからだと思う。エディタ上だとライティング有りでも、カメラがパースペクティブ以外なら何故か表示される。今回の場合はviewmode unlitでライトを無効化してるプロジェクトだから、問題なく使えると思う。もし消えた場合はライト関係を疑えばいい」

妹「でもこれ本当はどうやって使うための設定だったんだろ? ユーザーインターフェースって言っても、ウィジェットの方の画像には別にマテリアルとか使ってないわけだし」

「UMGの仕組みを使わずに自前で作る場合とかに使うのかも。4.10のリリースノートにも1行だけそれっぽいことが書いてあっただけで、想定してる使い方についてはわからなかった」